ハイドロセンスQ&A

ハイドロセンス レジオネラ迅速テストキットのご質問は

こちらのQ&Aをご確認ください。

Q&Aに掲載がなかった場合は、恐れ入りますが

お問い合わせフォームからご連絡ください。

ハイドロセンスの保存方法は?

凍結を避け、室温(できるだけ30℃以下)で保存してください。

ハイドロセンスの廃棄方法は?

使用済みのテストは、通常の廃棄手順で廃棄できます。レジオネラが陽性だった場合でも空気中に飛散することはないので感染リスクはありません。各地域の自治体に従ってください。

テストをする際に特別な機器が必要ですか?

ハイドロセンスを使用する場合、テスト実行のために必要な機器はすべて付属のキットに含まれています。

サンプル採取はどこからしたらよいですか?

再循環水システムまたは水が20°C-55°Cの温度に達する可能性のある貯水池を備えた水システムは、レジオネラ菌の成長の潜在的な供給源と見なされます。サンプリングは、レジオネラが生息および成長できる特定されたすべてのリスク領域を代表するように選択する必要があります。サンプリング手順は、組織、国、および産業に固有の調整された水安全計画に従うことに留意することが重要です。

複数のサンプルを同時に分析できますか?

はい、複数のサンプルを並行してテストするのに非常に効率的です。通常、ろ過プロセスは5分未満で完了します。いくつかのサンプルを収集でき、複数のテストを同時に実行できます。

テストを実行する際、保護具を着用する必要がありますか?

ハイドロセンステストを使用する場合、特別な予防措置は必要ありません。ただし、通常のレジオネラの水サンプルの収集については、水安全計画の推奨事項に従う必要があります。

レジオネラ陽性だった場合はどうしらたよいですか?

レジオネラが水道システムで検出された場合、スタッフ、顧客、および一般の人々はレジオネラ症にかかるリスクがあります。これは、あなたとあなたのビジネスにとって非常に深刻な結果をもたらす可能性があります。水安全計画の推奨事項に従うか、水管理の専門家に連絡するか、すぐに水システムを清掃することをお勧めします。

ハイドロセンスの有効期限は?

保存期間は、30°C未満で保管した場合、製造日から18か月です。

レジオネ検査の頻度はどのくらいですか?

レジオネラ症感染危険度によって頻度は異なります。

危険度は「レジオネラ症防止指針」によってスコア化がなされており、スコアに応じて推奨される検査頻度が決められています。(参考 https://www.mhlw.go.jp/www1/houdou/1111/h1126-2_13.html

■スコア化

危険度を3つに分けて点数化し、その合計点によって対応が示されています。

 (1) エアロゾル化の要因

 ・給湯水、浴槽水、修景用水など……………………………1点

 ・冷却塔水………………………………………………………2点

 ・加湿器、シャワー水、渦流浴浴水、打たせ湯等…………3点

 (2) 環境の要因

 ・通常環境………………………………………………………1点

 ・人口密度が高い場所、エアロゾルが集中的に流れ込みやすい場所等………………………………………2点

 ・閉鎖環境、設備の陳旧化等…………………………………3点

 ・加湿器を利用…………………………………………………4点

 (3) 宿主側の要因

 ・健常人…………………………………………………………1点

 ・喫煙者、呼吸器疾患患者等…………………………………2点

 ・高齢者、新生児、乳児等……………………………………3点

 ・臓器移植患者、白血球減少患者、免疫不全患者等………4点

​■細菌検査の回数

 スコア3点以下    常に維持管理に心がけ、必要に応じて細菌検査を実施

 スコア4~5点     1年以内に1回以上、設備の稼働初期に細菌検査を実施

 スコア6~7点     1年以内に2回以上、設備の稼働初期及び稼働期間中に細菌検査を定期的に実施

 スコア8点以上    1年以内に3回以上、設備の稼働初期及び稼働期間中に細菌検査を定期的に実施

ハイドロセンスを使用している現場は?

多くの業界で使用されています。

レジオネラが急速に成長が促進されるリスクの高い主な領域には、冷却塔、飲料水システム、シャワー、流し台、温泉/温水浴槽、プール、水槽、洗車、装飾的な噴水などがあります。

レジオネラ迅速テストは、法廷検査の培養方法と置き換えることができますか?

できません。

レジオネラ菌検査の従来の方法では、結果が返されるまでに10〜14日かかります。レジオネラ・ニューモフィラは急速に増殖し、わずか24時間以内に人口が倍増する可能性があるため、培養法による結果を受け取る14日後にスタートする行動では、すでに感染者が発生している可能性があります。結果が陰性であったとしても、システムが実際に安全であると確信できるのは、14日後のことです。

レジオネラをテストするタイミングは?

ハイドロセンステストは、5つの状況で特に役立ちます。

  1. 水道システムの定期的な監視–水道システムが感染している場合、これが迅速に特定されると、より迅速な修正措置を講じることができます。多くのガイドラインはリスク評価手順に大きく依存しており、テスト体制は水システムの特定の状況に合わせて調整する必要があります。

  2. 制御手段が適合しなくなったシステムの確認–冷水が十分に冷やされておらず、レジオネラの成長を防ぐのに十分な温水がない場合、または殺生物剤レベルが低すぎる場合、システムが急速に危険にさらされる可能性があります。リアルタイムの水の安全性チェックにより、リスクの迅速な特定と即時の是正措置が可能になります。

  3. 消毒処理後のチェック –感染した水系が処理されると、処理が効果的であることがより早く確認でき、誰もがより早く仕事に戻ることができます。また、サービスプロバイダーは、治療が機能していることを顧客に示すことができ、安心感を提供します。

  4. 発生源の特定–発生があった場合、公衆衛生と法的な理由の両方で、発生源をできるだけ早く確立することが重要です。ハイドロセンステストは、即時の検出を提供し、義務保有者が直ちに是正措置を取ることができます。ハイドロセンスを使用すると、水管理の専門家がラボカルチャーまたはラボからのPCRの結果を待っている間に、継続的な曝露ではなく数分で感染源から人々を保護できます。

  5. ラボに簡単にアクセスできない環境では、重要な給水がある多くのサイトでは、テストのためにサンプルをラボに送ることは不可能ではないにしても困難です。たとえば、船舶や石油掘削装置などのオフショア施設では、現場でのテストにより、ラボでは得られない簡単で非常に貴重な結果が得られます。

ハイドロセンス・レジオネラ迅速テストはどのように機能しますか?

ハイドロセンス迅速テストでは、レイヤーフローイムノクロマトグラフ分析(LFICA)テクノロジーを使用しています。このテストは、サンプルに含まれるレジオネラ・ニューモフィラのsg1細菌に結合し、デバイス上の線として見えるようにする赤色ナノ粒子でタグ付けされた抗体を使用して、レジオネラ抗原を検出するように設計されています。簡単に言えば、この検査は妊娠検査と同じように機能しますが、妊娠マーカーではなくレジオネラ抗原を検出します。

RELIABLE SELF TESTING FOR LEGIONELLA

© 2019 by hydrosense JAPAN