ハイドロセンスの検査プロセス

判定時間は25分。現場管理者が使える検査キット。

操作が簡単かつその場でチェック。細やかな管理が可能になります

​通常のラボテストでは試験結果が出るまで10~14日の期間を要します。

ハイドロセンス迅速テストは結果まで現場で25分。最速で結果を提供します。

​さらに検査データを有効活用できるアプリ(無料)も付属しています。

ハイドロセンス レジオネラ属菌フィールドテスト


◆ 使いやすい---トレーニングや経験は必要ありません。
◆ レジオネラのテスト---信頼できる結果が25分で提供されます。
◆ 測定や処理に必要な機器はすべて揃っています---追加でご用意頂く必要はありません。
◆ ハイドロセンススマートフォンリーダーアプリは、テスト結果を読み取り定量化します。
◆ すべてのデータは、ハイドロセンス・プロ・オンラインポータルで保存および管理できます。

 

​スマートフォンリーダーアプリの説明

◆アプリは、テストを正確に読みやすくします。 レジオネラが検出されなかった場合にスコア「0」、または検出されたレジオネラの濃度に応じて「1-10」のハザードインデックスを返すことにより、半定量化された結果をユーザーに提供します。
◆アプリで収集されたデータは、自動的にポータルと同期されます。 このリアルタイム統合により、すべての結果は、中央の安全なデータベースに保存されます。 疫学的およびリスク分析のためのより良いデータセットを提供します。

◆経時的に結果を蓄積し管理できるため、将来の傾向を識別するのに役立ちます
◆テストされているシステムの場所、時間、およびタイプに関する記録された情報により、リスクが高い領域を特定できます。 その結果、ユーザーは十分な情報に基づいた意思決定を行うことにより、リスクを効果的に軽減できます。

 

今までのレジオネラの検出のゴールデンスタンダードはラボ培養法でした。

しかし現在、業界の専門家たちは、従来どおりの方法に頼るだけでは十分ではないと考えています。

 

ラボテストのみに頼るデメリットとして、10~14日の期間を要すること、試験機関へのサンプル配送時の問題、結果の偽陰性、レジオネラ属細菌の過小評価、さらには意思決定の遅れ、行動の遅れにつながり、罰金、病気の発生、評判の低下、さらには死亡に至る可能性があります。

 

Hydrosenseは迅速試験業界の先がけです。 環境技術を産業環境に適用した、水とバイオフィルム中のレジオネラ菌を検出するための新しい現場試験方法です。

 

世界で唯一のレジオネラ属菌迅速テストキットであり、現場ですぐに実施でき、特別なトレーニングや経験は必要ありません。
 

RELIABLE SELF TESTING FOR LEGIONELLA

© 2019 by hydrosense JAPAN