レジオネラ迅速検査の必要性

迅速テストを使用する理由
 

通常のラボテストは培養法であり、結果が出るまで7~10日の期間を要します。

この間に細菌は急速に複製・増殖し、ビジネス、従業員、そしてお客様など、多くの人がリスクにさらされます。

また、7〜10日後にラボテストの結果を得た場合、すぐに行動を実行することはできず、その前に書面による報告書を提出する必要があります。これにより、更なる対応の遅れと長期に渡るリスクへの暴露が生じます。

正確で迅速な結果を得ることは、即座のアクションが可能になります!

ハイドロセンス迅速レジオネラ検査では、現場でわずか25分で水道システムを検査でき、レジオネラ菌の有無に関する正確で信頼できる結果が得られます。

専門的な技術の必要もなく、現場に勤務する者がすぐに検査を実行する音が可能です。

スマートでシンプルな迅速検査を使用する利点は次のとおりです。


◆レジオネラ汚染のリスクを即座に把握できるため、水質の改善に関して、より情報に基づいた迅速な意思決定が可能になります。
◆迅速なテストにより、高いサービス基準を維持し、評判の低下から保護できます。
◆このテストは、レジオネラ菌の特定にかかる時間を最小限に抑えることで、公衆および従業員の健康リスクを軽減するのに役立ちます。
◆データの分析中にテスト情報を記録することにより、レジオネラ汚染リスクとロードマップの全体像を把握し、将来の発生を防ぐことができます。
◆この責任あるアプローチは、施設で時間を過ごす人々にとって正しいことであるだけでなく、組織にとっても賢明です。アウトブレイク後の長い訴訟、巨額の罰金、評判への損害は、ビジネスを破壊する可能性があります。

RELIABLE SELF TESTING FOR LEGIONELLA

© 2019 by hydrosense JAPAN