スパ・プール・噴水

スパやプールなどの温水浴槽や噴水は、レジオネラ・ニューモフィラ菌によって引き起こされるレジオネラ症の感染の原因としてよく知られています。 こういった設備の循環システムは適切にメンテナンス・洗浄を行わないと深刻な健康被害を引き起こす可能性があります。

みなさまは、在郷軍人病についてご存じでしょうか。レジオネラ菌による健康被害ですが、レジャーセンター、ホテル、別荘、クルーズ船などのスパプールで起きています。 スイミングプールとスパプールで報告されたすべての感染症例を調査した最近の研究では、症例の43%がレジオネラ症と診断され、死亡率は6.3%でした。

 

■レジオネラリスク増加の要因

ー温度ー

レジオネラ菌が繁殖・増殖するのは、20~60℃の温度範囲です。

温水プールやスパ浴槽の水は30〜35度に保たれているため、レジオネラ菌の増殖に理想的です。


ー設計(ポンプやパイプの構造)ー

スパプールで使用されるフィルター、ポンプ、パイプのシステムは複雑で、バイオフィルムが蓄積する可能性のある大きな表面積があります。バイオフィルムは、殺菌剤からレジオネラなど菌を保護するため、レジオネラ菌にとって理想的な繁殖環境となります。

したがって、これらのコンポーネントは、水の純度と細菌レベルの低下を確実にするために、適切に管理する必要があります。水質のテストと、化学的および微生物学的モニタリングの使用は、スパプールの治療計画に不可欠です。


ーエアロゾルの生成ー

シャワーなどの水しぶきやジャグジーによって生成されたエアロゾルは、レジオネラ菌に汚染された水滴を空気中に広げ、場合によってはかなりの距離を浮遊する可能性があります。長距離拡散によって引き起こされるレジオネラ症発生の研究によると、場合によってはレジオネラが10 km先まで移動できることを示唆しています。その結果、細菌を吸い込むために温水浴槽に座っている必要さえありませんが、感染した浴槽はそうした人々に劇的なレベルの曝露を引き起こす可能性があります。レジオネラ症を発症するリスクは、発生源の近くで過ごす時間に応じて増加するため、スパプールを適切に管理する必要があります。

 

ーレジオネラ菌を増加させるリスクー

粘液、唾液、汗、死んだ皮膚、日焼け止めローション、スプレー日焼け、化粧品、シャンプーと石鹸の残留物、糞便、髪の毛などはレジオネラ菌をはじめとする微生物の成長を促す栄養素となります。


ー従来の試験方法ー

スパプールの管理を担当する当直保持者は、多くの場合、水のサンプルを実験室に送ることをお勧めします。これはよく知られているレジオネラ検査の伝統的な方法ですが、研究者は最近、この手法のいくつかの不穏な制限を発見しました。

 

■スパプールでレジオネラのリスクを管理する方法は?

スパプールはリスクの高いエリアと見なされているため、水管理プログラムの有効性を確保するために定期的に分析する必要があります。 TDS、消毒剤、塩素、pH、ACC、大腸菌群、大腸菌、緑膿菌、およびレジオネラ菌の定期的なテストを実施し、適切な記録を保持する必要があります。

Legionellaテストの従来の方法では、結果が返されるまでに10〜14日かかる場合があります。 Legionella pneumophilacanが非常に急速に増殖し、わずか24時間で人口が2倍になる可能性があるという事実を考慮すると、陽性の結果が得られてから14日後に行われた行動では、すでに感染している人を保護できません。研究所から受け取った結果が否定的であったとしても、システムが実際に安全であり、現在14日後であると、どの程度確信できますか?

高速テストを使用すると、これらの問題の解決策が提供されます。 Hydrosenseの革新的なテクノロジーは、是正措置の必要性に対する迅速な回答を提供します。オンサイトですぐに回答を得ることができるのに、なぜラボテストの結果が出るまで14日間待つのですか? Hydrosenseテストを実行するためのトレーニングや経験は必要ありません。これは、誰もが裏庭でスパプールをテストできることを意味します。

ラピッドテストの回復率は80%ですが、ラボテストの変動率は10〜80%です(「回復率」とは、テストで陽性サンプルを検出できる頻度を指します)。また、人間にとって最も危険であるが、実験室で培養できない細菌の運動形態を検出します。 Hydrosenseテストは非常に感度が高く(100CFU / L)、妊娠テストと同じくらい簡単に読み取ることができます。1行は陰性の結果を示し、2行は陽性の結果を示します。つまり、Hydrosenseテストから肯定的な結果を受け取ることは行動を促すフレーズであり、管理措置のレビューと改善措置の実施につながるはずです。

RELIABLE SELF TESTING FOR LEGIONELLA

© 2019 by hydrosense JAPAN