Breakthrough technology for rapid legionella testing and detection. Get accurate on-site results in 25 minutes.

RELIABLE SELF TESTING FOR LEGIONELLA

© 2019 by hydrosense JAPAN

ABOUT HYDROSENSE

ハイドロセンスは「イムノクロマト法迅速レジオネラ検査」です。

 
※レジオネラ属菌の抗原と標識粒子、キャプチャー抗体の反応を利用して目視判定する方法

◆ 専門技術は必要なく小まめな試験ができるため、細やかなリスク管理が可能です。

◆ 中空糸フィルターを使って現場で濃縮 (250ccの検水で10cfu/100mL)

◆ バイオフィルムをスワブで採り、濃縮なしで調査 (10,000cfu/100mL)

◆ 検査時間:前後操作を含めて25分程度。

◆ レジオネラ・ニューモフィラSG1のみを検出。(死菌は感知しない)

   ※SG1はレジオネラ症の起因菌として最も多く臨床分離㈱の97.5%を占める(2014年)。(国立感染症研究所「レジオネラ症とは」より)

​◆ 公定法のレジオネラ検査としては、ご利用できません。

◆ 10年程度の販売実績あり。

button121111.gif
 

判定時間は25分。現場管理者が使える検査キット。

​通常のラボテストでは試験結果が出るまで10~14日の期間を要します。

hydrosense迅速テストは結果まで現場で25分。最速で結果を提供します。

◆ アプリは、テストを正確に読みやすくします。 レジオネラが検出されなかった場合にスコア「0」、または検出されたレジオネラの濃度に応じて「1-10」のハザードインデックスを返すことにより、半定量化された結果をユーザーに提供します。
◆ アプリで収集されたデータは、自動的にポータルと同期されます。 このリアルタイム統合により、すべての結果は、中央の安全なデータベースに保存されます。 疫学的およびリスク分析のためのより良いデータセットを提供します。

◆ 経時的に結果を蓄積し管理できるため、将来の傾向を識別するのに役立ちます
◆ テストされているシステムの場所、時間、およびタイプに関する記録された情報により、リスクが高い領域を特定できます。 その結果、ユーザーは十分な情報に基づいた意思決定を行うことにより、リスクを効果的に軽減できます。

button121111.gif

操作が簡単かつその場でチェック。細やかな管理が可能になります