HYDROSENSE 8 REASONS

ハイドロセンスが求められる8つの理由

Time's Up on Lab Culture!

8 reasons why the 'Gold Standard' for Legionella testing cannot protect
you, your employees or your customer's from Legionnaire's Disease.

2.酸および熱処理

ラボでサンプルを精製するために使用されるこのプロセスは、レジオネラを殺し、不運な負の結果のリスクを高める可能性があります。

1.輸送中のサンプル損傷

水サンプルは輸送プロセスで損傷を受け、内部のレジオネラを殺す可能性があります。 これにより、偽陰性結果のリスクが高まります。

3.採取可能だが培養不可

一部の危険なレジオネラは培養法では検出できません。

4.人工的な環境

天然水システムでは、レジオネラはアメーバの中で簡単に成長できます。 しかし、これは実験台の人工環境では当てはまらないため、偽陰性結果のリスクが高まります。

5.最も危険なフェーズ(活動期)では

レジオネラ感染のリスクがあります

しかしながら、培養法は天然のアメーバではないため、簡単にレジオネラを複製することはできません。

6.培養試験では結果が出る

まで非常に時間がかかる

培養法で結果が出るまでの7~10日の間に、細菌は急速に複製し、ビジネス、従業員、およびお客様など多くの人がリスクにさらされます。

と監査証跡

8.非効率的な情報

7〜10日後、結果を読んで解釈し、行動計画を実行する前に、書面による報告書を提出する必要があります。これにより、対応の遅れと長期に渡るリスクへの暴露が生じます。 スタッフへ本当に必要なのは明確です。正確で迅速な結果を得ることは、即座のアクションが可能になります!

7.ラボの培養試験では

事実として、回収率が低い

リスク管理をほぼ不可能にします!

RELIABLE SELF TESTING FOR LEGIONELLA

© 2019 by hydrosense JAPAN