レジオネラ菌と発症例

レジオネラ症の発生例

検査プロセス

 

操作が簡単かつその場でチェック。細やかな管理が可能になります

​培養試験では試験結果が出るまで通常10~14日の期間を要します。

ハイドロセンス迅速テストは結果まで25分。最速で結果を提供します。

検査データを有効活用できるアプリ(無料)もご用意しています。

Timeline-for-poster.png

ハイドロセンス レジオネラ属菌フィールドテスト


◆ 使いやすい---トレーニングや経験は必要ありません。
◆ レジオネラのテスト---信頼できる結果が25分で提供されます。
◆ 測定や処理に必要な機器はすべて揃っています---追加でご用意頂く必要はありません。
◆ ハイドロセンススマートフォンリーダーアプリは、テスト結果を読み取り定量化します。
◆ すべてのデータは、ハイドロセンス・プロ・オンラインポータルで保存および管理できます。

 

日本での発生例

 
1976年7~8月、フィラデルフィアの ホテルで肺炎が集団発生
 7月21から24日 第58回米国在郷軍人大会  221名の肺炎患者が発生(29名死亡)  大会関係者とホテル宿泊者 182名  ホテル近くを通行した人 39名 集団発生の原因特定は難航したが、  CDCのMcDadeらが新しい細菌を発見  Legionella pneumophila と命名 (肺親和性 在郷軍人病菌)

◆ 専門技術は必要なく小まめな試験ができるため、細やかなリスク管理が可能です。

◆ 中空糸フィルターを使って現場で濃縮 (250ccの検水で10cfu/100mL)

◆ バイオフィルムをスワブで採り、濃縮なしで調査 (10,000cfu/100mL)

◆ 検査時間:前後操作を含めて25分程度。

◆ レジオネラ・ニューモフィラSG1のみを検出。(死菌は感知しない)

   ※SG1はレジオネラ症の起因菌として最も多く臨床分離㈱の97.5%を占める(2014年)。

     (国立感染症研究所「レジオネラ症とは」より)

​◆ 公定法のレジオネラ検査としては、ご利用できません。

◆ 10年程度の販売実績あり。

 

日本の事例

ハイドロセンスでは、結果の分析・管理・シェアを行う無料アプリをご用意しています。

◆専用アプリでテストプレートを写すだけ。結果をAIが正確に分析、すぐに結果をお知らせします。

◆結果は0~10のスコアで表示されます。

 レジオネラが検出されなかった場合はスコア「0」のnegative評価。

 検出された場合はレジオネラ濃度に応じて「1-10」の危険度スコアが表示されます。
◆アプリで収集した結果データは、自動でリアルタイムにハイドロセンスポータルと同期されます。保存データを指定したメンバーと共有し、疫学的分析やリスク分析を行うことができます。

◆経時的に結果を蓄積し管理できるため、将来の傾向を予測・識別するのに役立ちます
◆結果ごとに個別のメモを保存できます。テストした場所、時間、およびその他の必要事項など、継続してデータを蓄積することで、リスクが高い領域を特定でき、十分な情報に基づいた解析・意思決定を行うことにより、リスクを効果的に軽減できます。

​※現在、アプリは英語版のみとなっております。今後、日本語版のご提供を予定しております。